「捨てる」イメージを変えて、お片付けを進めよう!


”あなたらしい”がきっとある!
私らしいが心地いいナチュラル収納
収納コーディネーター かのえつこです

「捨てられないんです。」
文房具整理 収納術 

お片付けのお悩みとして、伺うコトの多いフレーズ。

私も「捨てる」のは得意ではありません。
しかも、マスキングテープなどを集めるのがすき。

比較的モノの多い家に住む私が
うまく「捨てる」ことができるようになったワケ
まとめてみました。

 

「捨てられない」には理由がある

「捨てられない」理由はなに?

・もったいない
・まだ使える
・いつか使うかも
・思い出がいっぱい詰まっている!
・高かった!
・捨て方がわからない

人によって捨てられない理由も
さまざまです。

さて、あなたが捨てられない理由は
何でしたか?

 

 

「捨てる」じゃなくて。考え方を変えるヒント!

本当にもったいないのはどっち?

手離さないけど使わないのと、
誰かに使ってもらえるように手離すのと
どっちがもったいないかな?

ものを置くために暮らしのスペースが狭くなるのと、
手離して、ものがなくなりお部屋が広いの
どっちがいいかな?

こんなこと考えてみるのも、必要かも。

 

「捨てる」を別のことに置き換える

・リサイクルする
・下取りに出す
・ゆずる
・寄付する

もったいない、まだ使えるなら
使ってあげられる手配先を考えてみる。

有効活用できるなら、
手離す1歩を踏み出せるかもしれませんね。

 

全部を手離さなくてもいいと思う

今の暮らしに必要なくても
いつか、使う可能性があるのなら
いつかがきたときにすぐ使えるよう
分かりやすく保管しておく!

気持ちの落ち着く量は大事に残してあげると
意外と他のものは、すんなり手離せるように
なったりします。

 

大事なものをセレクトすることから
お片付けを始めてみる

「捨てる」ことからはじめるお片付けは
テンションを上げるのがムツカシイ。

私が捨てることができるようになったのは
自分のお片付け軸を知っているから。

・どうなりたい?
・なにが必要?
・持っていて安心する量は?
・どんなときに使いたい? 
・どれくらいの頻度で増えるもの?
・いつか使うーいつかはいつ? 
・いつまで使いたい? など

ひとつひとつに答えを持っています。
その答えに沿って、ものをセレクトしていくと
手離すもの・数も見えてきました。

利用しやすいリサイクルショップを見つけて
手離す動線を作ったコトもポイントでした!

 


*´◡`​* <今日のお片づけ格言|

本当の「もったいない」はなに?
単に「捨てる」だけではなく
ちょっと視点を変えてみると
気持ちを軽やかに手離すことができそうですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふだん使いのおうちを心地よく
ー私らしいが心地いい ナチュラル収納
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暮らしをスケッチ
自分に合ったお片付け軸で
お片づけを
かんたん・楽しく・シンプルにします
暮らしの中に収納をつくったらー
きっと!もっと!
毎日が心地いい「ハレの日」になる!
想いを込めて収納のご提案をしています
収納コーディネーター かのえつこ

 

お片づけをシンプルに。 Join Free LINE@お片づけレッスン参加はこちらから。