防災グッズの置き場所・減災のための備蓄ルール


”あなたらしい”がきっとある!
私らしいが心地いいナチュラル収納
収納コーディネーター かのえつこです

最近は自然災害に関するニュースも多く
他人事ではありませんね。
いつ、何が起こってもおかしくないから
わが家でも防災・減災のための備えには
気をつかっています。

いざというときーきっと私は
冷静に対応できない。
だからこそ、いざというときにも
「安心できる」仕組み・配置をつくっています。

災害を防ぐことはできなくても
わが家なりの減災はできる!
減災のルールを作ってます。

※様々な意見・情報を取り入れて、私なり・わが家なりの方法です。考え方など参考に、あなたなりの方法を考えてみてくださいね。

防災・減災グッズが必要な状況は?

地震・火事・洪水などが起こったとき
まず一番大事なのが命を守ること。
次に、危険な場所からの脱出。

この脱出のタイミングで防災グッズを使いますよね。
とはいえ、持ち出し袋が活躍できるのは
ある程度被害が少ない時だけかもしれません。

非常時の状況を想定してみると
1)一刻も早く、この場所から離れた方が良い
2)自宅での生活が困難!避難所で生活する
3)自宅の安全は確認できたけれど、
  ライフラインが途絶えた中での生活

3つのパターンがあるかと思います。

それぞれの状況で必要と思われるものは?

1)一刻も早く!
自宅から離れるとき持ち出したいモノ

現金・保険証のコピー・水(500mlペットボトル)
・タオル・ティッシュ・マスク・常備薬・油性ペンなど
小さいショルダーバッグに入れて。
ヘルメット・懐中電灯と一緒に。
こども用に、お菓子を少し。

一刻も早くーなので、可能だったらの範囲で。
こどもの安全最優先。
抱っこできる余裕を残して最小限のモノを。

 

2)自宅での生活が困難!
避難所生活の為、持ち出したいモノ

一般的な非常持ち出し袋の中身。
着替えや、睡眠・休息をとるためのモノ。
少しの食糧・水。

少し大きめのリュックにまとめておいて
1)と合わせて持ち出しできるように。

51Y7SnG2KOL
【防災グッズ】地震対策30点避難セット ~避難生活で必要な防災用品をセットした非常持出袋(防災セット) Amazon

こども用リュックには、
お菓子とお気に入りのおもちゃを入れるスペースを開けて準備。

 

3)自宅で待機!
ライフラインが途絶えた中で生活するためのモノ

ガスボンベ・コンロ・4日分の水
非常食(かんたんに調理のできるレトルトなど)・
紙皿・ラップなど。
数日は自分たちだけで生活ができるように。
1)・2)と一緒にまとめて配置。

 

それぞれのシチュエーションを想定して、
持ち出すモノ・あきらめるモノを割り切って。

一番大切なものを守れるように、
状況別にまとめておくことで非常時にも
持ち出しやすいはず。

 

取り出しやすい場所に保管。

3つの状況別に防災・減災グッズをまとめて
保管します。

わが家は玄関に保管場所をつくりました。
シューズボックスの一角にまとめてあります。

何を持ち出せる状況かどうかの判断は
おうちを出る直前の状況によるはずだから。

また、阪神大震災の時、建物は倒壊しても
玄関が残っているおうちが多かったという話を
以前、TVで見たことがありました。
それ以来、玄関に置いています。

防災グッズ 収納 玄関収納
▲家から外に出るときにパッと開けられる扉の向きにも配慮します。
この一瞬の動作の無駄に、気も焦るはず。
この扉は、家側から外に向けて開けるタイプ。
動きと気持ちの流れで開けることができます。
できるだけシンプル動線で動けるように何度かテスト!

 

使いながら備蓄!非常時こそふだん使いを。

わが家の減災アイテムは、特別なものではありません。
こんなときだからこそ
いつものごはんを食べたいので。

レトルトや、短時間調理できるモノ、
スポーツ(栄養)ドリンク、ラップなど
この場所は日常用のストックスぺースだったり、
アウトドア用グッズにも利用したりして
日ごろから使いなじんでおけるよう心掛けてます。

ローリングストック法というやり方なのですが、
使いながら備蓄します。


▲段ボールのボックスはIKEAのPAPPIS を横向きに使用。
使わないときは蓋を閉めて、ホコリが入りにくくしています。
横に使うことで箱の出し入れをせず、中身を取り出しができるところが便利です。

衛生用品や、電池などもココで備えながら保管します。

 

*´◡`​* < 今日のお片づけ格言|

緊急時にも安心できる!使える!減災ステーションを作ろう。
普段から利用しながら保管して「ここにある安心感」を持つことで
いざというときにも、落ち着いて活用することができます。使用頻度は低いけれど、
一番取り出しやすい場所にまとめておくのがGOODです。
水とちょっと口にできるようなお菓子などを寝室などにも置いておくと、より安心ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふだん使いのおうちを心地よく
ー私らしいが心地いい ナチュラル収納
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暮らしをスケッチ
自分に合ったお片付け軸で
お片づけを
かんたん・楽しく・シンプルにします
暮らしの中に収納をつくったらー
きっと!もっと!
毎日が心地いい「ハレの日」になる!
想いを込めて収納のご提案をしています
収納コーディネーター かのえつこ

お片づけをシンプルに。 Join Free LINE@お片づけレッスン参加はこちらから。