自分でできる!幼稚園準備ー給食袋・ナフキン収納と配置の工夫


6歳までのおやこ時間をHAPPYに
おやこ日和・暮らしの収納コーディネーター
かのえつこです。

 

ライフステージが上がるタイミングは
こどもにできることを増やしてもらう
いい機会です。

「幼稚園さんになったら」
「〇組さんになったら」
「小学生になったら」

ひとつ おにいさんやおねえさんになる
こどもの「がんばりたい!」という気持ちを
応援したいものですね。

 

 

年少さんでも自分でできる!給食の準備。
収納のコツは?

この時期のやる気をステップにして
自分でできる!できた!が増えれば、
こどもも自信がつきます。

ママに手伝ってもらわなくてもできる
自分でできる
ママにすごいねって喜んでもらえる
また、明日もやってみよう!
ーこんなサイクルができたら最高。

年少さんにもできるようにするには
とにかくかんたんにしておくコトがポイントです。

 

 

低い位置に置く

このころのこどもは、床に座り込んで
自分のまわりにモノを広げて作業します。

なので、床に座って準備ができる高さに
収納の場所を作ります。

幼稚園給食の準備 給食袋収納 お弁当グッズ収納

▲無印の引出し収納ケースの中に折りたたんだ袋とナフキンが入っています。
この高さは、床に座っても引出しを開ければ上から俯瞰して選びやすいです。

量を少なく

たくさんの種類のものから選ぶのは悩んでしまうし
取り出しにくく、しまいにくい原因にもなるので
多くても袋・ナフキン3つづつくらいがベスト。

今の手持ちがたくさんある場合は、
こどものお気に入りのもの3つほどに絞って
他のモノは別場所で保管しておきます。

こどもが自分でできる仕組み作りに
多すぎない量を持つことも大事な要素です。

こどものテンションの上がるモノを!

例えば収納用品を好きなキャラクターにする。
シールを貼っておくだけでもいいですね。

少しでも、たのしい気持ちで取り組めるように
こどもの「好き」をうまく取り入れると
テンションUPして、取り組めます。

 

 

*´◡`​*< 今日のお片づけ格言|

かんたんに!シンプルに!楽しく!
がポイント。
ムツカシイコトってやりたくない。
かんたんで、楽しいコトなら、どんどんやりたくなります。
こどもの目線になって、やりやすい場所・量、
ついやってみたくなる楽しい工夫をいっぱい盛り込んで
給食準備も遊びの延長にしちゃいましょう。

どんなにかんたんにできる仕組みでも
たくさんのコトはできません。
ゆっくりひとつづつ、できることを増やしてね。

 

収納コーディネート
アイテム紹介

IKEA STENSTORPの収納部下段の奥行41cm
無印良品 ポリプロピレンケース引出式ハーフの奥行37cm
奥行がちょうどよく収まりおすすめの組み合わせです。

 

▼無印良品 ポリプロピレンケース引出式ハーフ・浅型 
約幅14×奥行37×高さ12cm
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076749042?searchno=12

 

▼IKEA STENSTORP アイランドキッチン
STENSTORP アイランドキッチン 収納 IKEA 無印良品
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/00116996/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふだん使いのおうちを心地よく
ー私らしいが心地いい ナチュラル収納
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暮らしをスケッチ
自分に合ったお片付け軸で
お片づけを
かんたん・楽しく・シンプルにします
暮らしの中に収納をつくったらー
きっと!もっと!
毎日が心地いい「ハレの日」になる!
想いを込めて収納のご提案をしています
収納コーディネーター かのえつこ

お片づけをシンプルに。 Join Free LINE@お片づけレッスン参加はこちらから。